So-net無料ブログ作成
検索選択

22世紀の築地大野屋商店ともう一度恋したい [日記]

自分の彼女にしたい相手がふさぎ込んでいる時はまさに射止めたい相手の心を勝ち取る好機!声の出し方を上手に使い分けろ!高い声を使えば活力を与え、低い声で話せば相手にホッとする感じを与えます。

「日ごろから人りぼっちで人りで行動しているという女性」は『人りぼっちの世界を誰も邪魔しないで』という不気味な無言の威圧するような空気があり、近づく事ができないイメージである。

女性から聞かれた内容と同じ聞き返さない男性は女性にモテないのである。

女性は尋ねた相手に同じ事を聞いてもらいたくてそのように聞くのである。

本人が尋ねた事では同じ事を聞き返してほしいという生き物だ。

交際を持ちかけてみて成功させるワザは女を夢見心地にする事が大切な事だ。

ボーナス入ったから、今日は俺が払うよ!』と誘えば、この人には“経済的な余裕がある”と女性は思い込む事がしばしばある。



女の人にされた質問のとおりそのまま返さない男の人は女性にモテないのである。

実は女の人は相手に質問した事を質問して貰いたく\xA1
てそんなふうに聞くのである。

自分の質問は同様に聞いてほしいという分かりにくい生き物だ。

芸能人どうしのカップルを見てもわかるように、以外にも外見重視よりも、内面を重視しているカップルが多いようだ。

なぜかと言うと、女の人にとって感情的、それから精神的な安心、そして安全が最優先だからです。

女性から尋ねられた疑問のとおり返す事をしない男性はまったくモテない。

女の人は尋ねた相手に同じように疑問をぶつけてもらいたくてそんなふうに尋ねるのである。

自分が尋ねた事では同じ事を尋ねてほしいという難しい生き物だ。

誘ったとき成功率をグンと上げるには女をうっとりとさせる事が気を付けるべき点です。

つまり『ボーナス入ったから、今日は俺が払うよ!』なんてスマートに誘えば、経済的な余裕がある男性だと女性は判断すると言う事。

恋愛(れんあい)に関して言えば、人が人に対して生じさせる非常にロマンチックで心が結び合う間柄を求める感情で、それだけでなく、その相手に対する感情に基づいた沢山の恋心\xA1
に満ちた態度やしぐさを伴う事がふつうである。


たとえ結婚できなくても、ずっと愛する事ができるのが偽りのない恋なのだ。

もしかすると別れは訪れるかもしれない、それを知っていても離れられない、というのが本当の愛。

男性は射止めたい人が自分に話しかけている場面で話しかけている相手の目を見るのが当然である。

彼と会話しているときに相手の瞳を他に目を向けず見てくれるかどうかが、惚れさせたいかどうかのボーダーラインです。

現実の知り合いよりもSNSや出会い系サイトからが初めての出会いという方が、体の関係に発展する日数が短い。

心同士を見せながら知り合った関係なので後から直接触れ合ったときに、すべてを見せる事ができる時が多い。

意中の異性と同じところで一緒にいるとき、二人がよく似たしぐさをしているかしっかり見ておきましょう。

二人で過ごしているときその人が意識せずにまるでそっくりな事をするようなら興味ありのサイン!恋人を愛する感情だけが二人の心と心を一つに結んでいる。

与えあう関係だからどっちも好きな人に対して、決していい加減には\xA1
できない。

その覚悟が女を、併せて異性としての男を磨く結果になるのだ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

わたしが知らない奥浪鏡は、きっとあなたが読んでいると恋愛ハンター [日記]

なんというかとどのつまり、さびしい人間が孤立しているという寂しさを解消しようとする意識であり、愛だけが現実の社会生活で、一段と幸福に生活するための最もよい技だと言えます。

直接顔を見る事のないSNSや出会い系サイトから知り合った方が、深い関係になるスピードはとても速い。

内面から引き寄せられあっているので、本当に対面した際には、感情を寄せやすいのが原因。

『服を買いたいんだけど、不安だから女性のアドバイスが必要で』と希望を話して一緒に出掛けるのも効果あり。

OKがもらえたら、マフラー帽子などこまごました小物選びにアシストしてもらうと言う事なし。

キスしてくれる時間が短くなったなら、それは心変わりしている証拠と言っていい。

どんな言い訳をしても、体は本当の事しか言えません。

ウソかな?と思ったらこわごわ本当の事を聞いてみるといいでしょうね。

女の人にされたとおりの質問を返してあげない男性は女性にモテる事ではない。

女性は尋ねた相手に同じ事を尋ねられたくてそんなふうに\xA1
聞くのである。

あなたが聞いた事では同じ事を質問してほしいというそれが女性。



特別な人でなければ恋愛についての課題を「自分が愛する」という問題としてや、「愛する力のとらえ方」としてではなく、「愛される」というテーマとして判断しているものである。

恋をしている人は、ずいぶん身近に、なのにどんなに夢見ても果たされる事のないとてつもない幸せが存在するように考える。

更にその幸せは、ただ人つの言葉と人つの微笑にのみ震えるのである。

いわゆる、一目惚れという現象は「自分のあこがれていた人のイメージにうっとりしている」そんな状況でいる事ばかり。

つまり「イメージの投影」というよく知られた心理メカニズムと言う事になる。

男性の涙は女の子ハートを掴む事ができるはずだが、時によっては「たいした事のない涙もろい男」になる不安もないとはいえない。

忘れたい過去の恋愛を忘れる事ができないなら、自分の周囲にあるどれでも好きだった人との想い出を思い出させるようなものは捨てるべし!できなきゃ売る\xA1
べきだ!これが必要な鉄則といえる!

きれいごと\xA1
と言えば実際に大人になって想像してみればその通り、きれいごとかもしれない。

しかしながら、理想通りになったらいいなとか、非現実的な願いだって理解していても真剣に叶うと思うのが恋愛なんだと思う。

奉仕のベースは意中の人にどのような手順で楽しんでもらえるかを想像する事なのだ。

つまり、接待は恋愛と同様という結果になります。

恋の最中は嘘を言うのは嫌いだ。

そうはいっても時には誠実だからこそウソと言う事も少なからず存在する。

悪気のない小さな嘘は逆にウソをつかれた恋人を幸福な感情にさせる可能性が高い。

口づけの時間がなんだか短いと思ったら心が離れている裏付けかも?!どんなに口では言い訳をしても、体は正直なのだ。

何か感じたら慎重に本当の事を尋ねてみてはいかが?恋人への愛情というものは義理という関係の鎖で維持されているのだ。

それでもって多くの人間の性質は悪であるのだから、その鎖なんかは自分の性質でこだわらず完全にたち切ってしまうものだ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog