So-net無料ブログ作成

りんくまからの遺言ともう一度恋したい [日記]

惚れさせたい相手がふさぎ込んでいる時は言ってみれば惚れさせたい相手の心をキャッチするありがたいチャンス!声をうまく使い分けろ!高い声は元気を与える事ができ、低い声のほうは相対する人に安堵感を与える事がします。

女性が会話を楽しんでいる際に、痛んだ枝毛を探している事ありませんか?もし会話している相手が異性ならば、感情を落ち着かせようとしている、と言う事ではつまり、好きなのである予想だって考えてもいい。

恋をしているときにはどんな人でも正しい判断というものがきかないものである。

反対からいえば、冷静な判断が正確にできるのだという人たちは心を込めた恋をしていないというしるしなのである。

何と暗闇の心因的な刺激は、ずば抜けている様だ。

顔色が暗闇でうまく隠せる事で、安心感、そして開放感を得る。

どんな人でも、まなざしを読まれる事ではとても嫌いであるためだ。



「浮気もできないのに、バカじゃないの?」というようなむごい言葉を使って彼氏をからかうと、頭にきた彼氏は「許せない!お前以外の女とで\xA1
きてやるよ!」と心のうちでケツをまくる。

与えあう関係の二人の恋愛は長期間間継続すると期待していい。

人というものは「私一人が愛を受けている状態が心地よくない」と感じる人が少なくない。

言い換えて表現するとすれば「大切にされた恩は同様に返したくなる心理」が働くと言う事である。

あなたの愛をいい感じに告白しなくてはとか、君自身の愛する人への想いを言葉で伝えなければなんて、緊張する必要などない。

自分の体全体が伝えているのが愛の告白です。

恋するときは、勉強のできが下降する人が少なくない。

原因は脳は左右で論理脳と感覚脳に役割が分かれ、恋する人がいるときならば感情を左右する右脳が左脳よりも活発に活動しているのが原因である。

注目!暗闇の心に働く力は抜群!瞳が広がる事で、親しくなりたい異性が惹きつけられる。

人間という生き物は、自分の興味のあるものを見ると、見とれてしまって、瞳を大きくするのである。



本当の恋をしているときには、わりかし近くに、そうに\xA1
もかかわらずいくら求めても成就する事がないとてつもなく大きな幸\xA1
福があるように思う。

それのみかその幸せは、ただ人つの言葉、人つの笑顔だけに震える。

口づけの情報で、キスした相手の遺伝情報や生殖状態を探り、不満のないレベルの将来の相方を選ぶものだ。

キスで認められない、の意味は動物的に合う事がない。

「笑顔、つまり同意している」と言う事。

相手の人の自分に同意してほしいという欲求を尊重して満たしてあげる高度なテクニックである。

あなたのジョークや話を聞いた相手がにこに事笑顔になってくれたらとても嬉しい。

特別な人でなければ愛に関する問題を「愛する側である」という課題や、「愛する能力の有無」ではなく、「愛される立場」というマターとして捉えていて当然。

気になる異性が病気などの不調で弱っているからこそ誠意をこめた言葉や心配りの感情を振り向いてもらえたら、いっぺんに相手をラブラブにさせられるゆえに、好都合である。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

「ハハノマド」という怪物と恋愛ハンター [日記]

例外的な人以外は自分の数メートル以内に相手の異性がいる。

あなたのフロアや日常からよくいく場所など居所の数メートル以内をよく見て、意中の異性に急いで告白する事!例えばロミオ&ジュリエットで知られる、あってはならない愛が燃えるのは、周囲からの余計な意見が強く結ばれた二人の絆をこれまで以上にきつくしてしまうという意識が作用するものだからである。

今までの『合コン』『飲み会』という名前は嫌になるほど使い古されて、下卑ている。

陥落させたい女性をぜひ誘いたいなら安心感のある街コンを理由にすれば、女性だっていい返事をしやすい。

二人で出かけたとき、別れる際はぐずぐずせずに、最後のところで少し強引に帰ると、次に誘われたらもう一度楽しく会いたいと思わせるのが当然である。

イケメンはモテるようだが、「いかにもチャラそうだよね」「きっとモテるんだよね」「いつでも出会いあるよね」と思われて女性に避けられる。

普通の女の人の告白する対象から除かれる可能性が高い事が普通なのだ。



もう昔の過去の恋愛があ\xA1
なたを縛り付けるなら、まだとってある高価なものも好きだった人との恋愛を思い出させるようなものは捨てるのだ!そうじゃなきゃ売ってみて。

これは重要な鉄則です。

必ずする事!イケメンというのは実際には、「いいかげんそうだよね」「モテモテじゃないの?」「いつでも出会いあるよね」と思われてあんまりモテない。

多くの女性の告白する対象からそうでなくなる事があたりまえ。

男と言うのは惚れさせたい人が自分に話しかけている場面で話しかけている人の目を見るものである。

二人で話をしているときに男性の瞳をまちがいなく見てくれるか見てくれないかが、好きになってほしいと思っているかどうかの境目と言えます。

にっこりと微笑んでみて。

すると、相手を自分の彼女にしたいという心の中をさらりと知らせる事になる。

惚れさせたい相手にもその感情を伝える事になり、自分の事が気にさせる。

愛する感情の中には聞こえる言葉よりも多くの沈黙が隠れている。

熱愛中の恋する男が彼女に向かって語りかけている\xA1
とき、聞いている恋人は話している言葉ではなく沈黙に感激している\xA1
のが普通だ

イケメンというのは実際には、「すごくチャラそうだよね」「女遊びしてそうだね」「何人も彼女いたよね」と勝手な事を想像されて避けられる事ばっかり。

普通の女の人の恋人候補から消される事が結構あるのだ。

素晴らしい恋愛のためには、どんなくだらないと思うような事でも「ありがたい」や「すまない」と本心を率直に伝える恋愛の始まりのころの感情を何があってもしっかりと忘れない事が肝心である。

唇を重ねる時間が短くなったと感じたら浮気している裏付けです。

どんな言い訳をしても、体は正直です。

そんなときは慎重に確かめてみたほうがいい。

男たちが普通に異性に希望するもの、一番はやはり「優しさ」この優しさとは「思いやり」の事。

見る事が多い例をあげればきっと「譲る、誉める、喜ぶ」。

これら3つの言葉が気を付けるべき点。

恋愛(れんあい)に関して言えば、人が異性に対してもつ非常にロマンチックで絆で結ばれた間柄を求める感情で、そればかりか、相手への甘い感情に基づいた\xA1
さまざまな恋慕で一杯になった態度やしぐさを伴う事が正常である。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog