So-net無料ブログ作成
検索選択

これが決定版じゃね?とってもお手軽香那ともう一度恋したい [日記]

「今の時代の若者は求めれば何でも手に入れる事ができるから〜だ」としょっちゅう評される。

しかし、ほしいものは何でも手に入れる事ができる」というのは大きな認識違いだ。

本当に素晴らしい彼氏あるいは夫、彼女あるいは妻などの相手はまれにしか掴み取る事ができない。

「犬が好き」という人は喜怒哀楽の表現が豊かなパートナーが好みである。

自分の込めた感情の分だけ自分に向かって同様にしてくれるそんな特徴のある自分好みの恋人を思い願ってしまう傾向が多い。

男性って、女性とコミュニケーションをうまくとる事が下手な時が普通女性を「からかう」行動を、体が勝手に選んでしまっている事ばかり。

つまり、知らず知らずからかう事で上手にコミュニケーションをとるのが苦手な異性とのお付き合いが始まる事もありうる。

なんと自分が大切にしている動物の今話題で、相手の自慢の部分を知る事が可能。

ペットは飼い主に似る事が多いもので、人間にしてみても、ずっと自分が大切にしている動物は飼っているその人の姿そのものと言える不思\xA1
議な存在という結論。



口づけをする事で、その相手の遺伝情報や生殖状態を探り、自分と相性の合う未来の伴侶を選り抜く。

キスで選べない、の意味は生物学的にはダメな相性です。

「今回は私が払っておくから、今度のぶんはごちそうしてね(笑)」などと言ってあげれば、女性に申し訳ないという感情を意識させず、場の空気を和やかにして、もう一回の甘いデートに持ち込むと予想される。

女性と話をしている最中に、枝毛を探しているのを見た事ではありませんか?話しかけている相手が同性ではないと言う事なら、緊張している気持をほぐそうとしている、と言う事ではつまり、好意がある予想についてもないとは言い難い。

恋人を愛する感情というものは義理という関係の鎖で維持されているといえます。

それに加えて人間の根性は善ではないと言う事なので、義理でつながった関係は自分の本性で迷わずたち切れるものなのだ。

雰囲気のないところでは女性にデートの誘いができない、そんな男の人は“男性性”が足りないと言われる。

この“男\xA1
性性”があるのなら雰囲気の助けがなくてもどんどんいけるし、女性\xA1
がどんどん自分に寄ってくる。



よく使われた『合コン』『飲み会』という死語は嫌になるほど使い古されて、下卑ている。

ラブラブにしたい女性を招待したいなら街コンのような催しを理由に声をかけたほうが、女性にしても素直になれる。

ペットを使うと、相手の誇っている部分を知る事が可能。

ペットはだんだんと飼い主に似るもので、人間にとって、いつも一緒の動物は飼い主の姿そのものと言える注目すべき存在と言う事。

バッドボーイズ(悪がき)理論はこういう事。

普段はやさしさに欠け、いつでも相手を乱暴に扱っているのに、時たま見せる優しい行動彼女は感動してしまうと言う事なのだ。

意中の男性を射止めたいのが希望なら、口説きたい彼の60cm以内に入ると効果あり。

「あなたのいい香り」「あなたのとても魅力的的なうなじ」最後に「Body touch」、三つのテクニックで攻めろ!未来の恋人を逃さないために最重要のとっても大事なワザは何なのかと尋ねられたら、私は迷わず、チャンスを捉える事と答えると思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。