So-net無料ブログ作成

臓器 英語とか都市伝説をまだ信じてる奴っているの?ともう一度恋したい [日記]

猫派だという人はドラマチックな恋愛をしたいと思っている。

家にいる猫も、言うまでもなく愛情を注げばそそぐほど主人にどんどんなつき、離れがたくなるパートナー。

そうはいうものの実際冷静な態度で、お天気屋なのである。

恋人ができないのは自己評価がへたくそなれっきとした証拠。

自己評価がうまくできていないと未来の恋人との間にある恋愛のハードルを高くしてしまっている。

自己評価が厳しい人は恋愛までの間にあるハードルを下げられているという現実。

しばしば堅い女と言われる女友達なんてものは、素敵だなと感じる男の人に出会っても仲間に入れてあげずに、せっかくの彼との数少ないチャンスなのに邪魔してやろうとしているのだ。

意外な事に現代で、優れた遺伝子を持っている若い男性は減少している。

もう一つの問題があって、若い男の精子量が減っている事がわかっている。

だから良いDNAを持っている年の相当離れている男性の事を女性は追い求める。

これがいわゆる年齢差婚の原因。


注目!暗闇の心理的作用は抜群!瞳が真ん丸になる事で、近づきたい異性が手繰り寄せられる。

たいてい人は、強い興味のあるものに対しては、しっかり見つめようとして、瞳を広げるのである。

女の人から受けたとおりの質問を聞き返さない男性はモテる男ではない。

実は女性は相手に同じ事を質問して貰いたくてそんなふうに尋ねるのである。

本人が聞いた事では同じ事を聞いてほしいという生き物である。

男たちは普通、コミュニケーションをうまくとる事がへたくそな生き物。

女性を「ちょっかいを出す」というアクションを、体が勝手に選別してしまっている。

結果として、からかう事によって感情を伝えるのがうまくできない異性との行き来が可能になったりする。

雰囲気不足では女性に声をかける事ができないような男性は察するに“男性性”がたりない。

たぶん“男性性”が備わっていれば雰囲気の助けがなくてもどんどんいけるし、女の方から自分に近づいてくる。

「時間がない」が当然の女の人は×。
「いつ誘ってもデートのひまがなくてあっさりと門前払い\xA1
されそう」と自信がない男性がチャンスがあってもぐずぐずしている事がしばしばなのでは。



猫より犬が好き感情の表現が豊かな恋人がいい。

愛情をつぎ込んだ分だけ同じように自分にも応えてくれる、そんな特徴のあるパートナーを願ってしまう思考にある。

女性はもともとの身体的な褒めてくれる事ではほしいと思っていません。

それよりも、少し見ただけではわからないような変化、考えている点をスマートにいいねと言われると女性はしっかり見てくれてうれしくなる事がふつうである。

相手からの「愛している様だ」の背景には通常の時パートナーに対して「愛して下さい」がひっそりと隠されている。

本当の愛は慈しみあうように見せても、真実は互いに奪い合うものだ。

男たちよ女性を必ず守りたいとそう願うのなら、確実に彼女の右側にいるべし!人間と言う動物は体が勝手に守らなくてはと思ったとき、右手よりも左手が先に応答する事ができるという特徴があるからだ。

実は猫、犬好きという人はドラマチックな恋愛を望んでいる。
家にいる猫も、言うまでもなくかわいがり方に比例して主人との距離が近くなり分かりあう事ができるペット。

しかし現実には冷静な態度で、わがままな奴。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。