So-net無料ブログ作成

わたしが知らない奥浪鏡は、きっとあなたが読んでいると恋愛ハンター [日記]

なんというかとどのつまり、さびしい人間が孤立しているという寂しさを解消しようとする意識であり、愛だけが現実の社会生活で、一段と幸福に生活するための最もよい技だと言えます。

直接顔を見る事のないSNSや出会い系サイトから知り合った方が、深い関係になるスピードはとても速い。

内面から引き寄せられあっているので、本当に対面した際には、感情を寄せやすいのが原因。

『服を買いたいんだけど、不安だから女性のアドバイスが必要で』と希望を話して一緒に出掛けるのも効果あり。

OKがもらえたら、マフラーや帽子などこまごました小物選びにアシストしてもらうと言う事なし。

キスしてくれる時間が短くなったなら、それは心変わりしている証拠と言っていい。

どんな言い訳をしても、体は本当の事しか言えません。

ウソかな?と思ったらこわごわ本当の事を聞いてみるといいでしょうね。

女の人にされたとおりの質問を返してあげない男性は女性にモテる事ではない。

女性は尋ねた相手に同じ事を尋ねられたくてそんなふうに\xA1
聞くのである。

あなたが聞いた事では同じ事を質問してほしいというそれが女性。



特別な人でなければ恋愛についての課題を「自分が愛する」という問題としてや、「愛する力のとらえ方」としてではなく、「愛される」というテーマとして判断しているものである。

恋をしている人は、ずいぶん身近に、なのにどんなに夢見ても果たされる事のないとてつもない幸せが存在するように考える。

更にその幸せは、ただ人つの言葉と人つの微笑にのみ震えるのである。

いわゆる、一目惚れという現象は「自分のあこがれていた人のイメージにうっとりしている」そんな状況でいる事ばかり。

つまり「イメージの投影」というよく知られた心理メカニズムと言う事になる。

男性の涙は女の子のハートを掴む事ができるはずだが、時によっては「たいした事のない涙もろい男」になる不安もないとはいえない。

忘れたい過去の恋愛を忘れる事ができないなら、自分の周囲にあるどれでも好きだった人との想い出を思い出させるようなものは捨てるべし!できなきゃ売る\xA1
べきだ!これが必要な鉄則といえる!

きれいごと\xA1
と言えば実際に大人になって想像してみればその通り、きれいごとかもしれない。

しかしながら、理想通りになったらいいなとか、非現実的な願いだって理解していても真剣に叶うと思うのが恋愛なんだと思う。

奉仕のベースは意中の人にどのような手順で楽しんでもらえるかを想像する事なのだ。

つまり、接待は恋愛と同様という結果になります。

恋の最中は嘘を言うのは嫌いだ。

そうはいっても時には誠実だからこそウソと言う事も少なからず存在する。

悪気のない小さな嘘は逆にウソをつかれた恋人を幸福な感情にさせる可能性が高い。

口づけの時間がなんだか短いと思ったら心が離れている裏付けかも?!どんなに口では言い訳をしても、体は正直なのだ。

何か感じたら慎重に本当の事を尋ねてみてはいかが?恋人への愛情というものは義理という関係の鎖で維持されているのだ。

それでもって多くの人間の性質は悪であるのだから、その鎖なんかは自分の性質でこだわらず完全にたち切ってしまうものだ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。