So-net無料ブログ作成

奥浪鏡の王国ともう一度恋したい [日記]

いつでもくしゃみを両手で隠して、静かにしようとする人は小悪魔体質なのだ。

それほどまで状況を見て、動いてたら、大勢の人にやさしくできるので、誰からもモテる。

「犬好きで犬タイプ」を自負している人は、そんなに意識せずに見ても好き嫌いといった気持がとっても分かりやすい方です。

好きな相手がいる時、たちどころに知人・友人にバレてしまう事もあります。

雰囲気不足では女性にアプローチする事ができない男の人はつまり“男性性”がたりない。

いわゆる“男性性”が強ければ雰囲気のないところでもイケイケで攻められるし、女性から勝手に寄ってくる。

愛、それは、さびしい人が感じている孤独を解消しようとする営みであり、と言う事では愛は実際の社会の中で、もう人まわり幸福に暮らしていくためのこの世で最高の技術。



ムードのある雰囲気がないと女性を誘う事ができないような男の人は“男性性”が不足していると考えられる。

たぶん“男性性”があるのなら雰囲気のない状態でも強気で攻められるし、女が男性に近づい\xA1
てくる。

最高の笑顔で微笑んでみて。

すると、相手を好きだというあなたの願いを控えめに気づいてもらえる事になる。

相手にもその感情に気づいてもらえる事ができ、こちらの事を好きにさせる。

「今回は私が払っておくから、今度のぶんはごちそうしてね(笑)」などと言ってあげれば、女性に申し訳ないという感情を意識させず、場の空気を和やかにして、もう一回の甘いデートに持ち込むと予想される。

男性の愛には聞こえる言葉よりも沈黙があるものだ。

熱愛中の恋する男性が彼女に向かって熱く語りかけるとき、女は話している言葉ではなく沈黙に惹かれていて当然。

マンネリにならないようにするかんたんな手順について。

その戦法は、パートナーとの共同作業にある。

共通の目標を持ち、それに到達した時に、二人で目標を成功させたという一体感が最も大事です。



「日ごろから人りだけで人りで行動しているような女性」は『孤独な人りの世界を邪魔する事では許さない』という重たい無言の威圧するような雰\xA1
囲気があり、とても近寄りづらい風に感じられる。

考\xA1
えなしな事ばかり言われそうな「いわゆるギャル系の女性」は男たちに近くに寄せてもらえない可能性が高い。

出かけているとき、自分勝手に振り回されて、ぐったりする」という固定概念があるからである。

ラブラブにしたい人とのデートの約束を取り付けるために一番重要なのは、普段どおりの過ごし方や仕事がない日の過ごし方などを事前に確認して、二人で共感できるところを調査しておく事が欠かせない。

分かりやすい例では、わざと離れたところから大好きな女性を呼んでみて下さい。

早足で近づいてくるとか、走って近づいてきたら、少なからず好意を持ってくれている相手であるのぞみが大いにあると言えそうです。

好意のある女性が何かをのんだら、自分も飲む。

頭をかいたら、自分もかく。

足を組みかえたら、あなたもすぐに組みかえる。

こうやってあなたが好きな人そっくりに真似を続けていると感情を知りたい相手に親近感がわく事がしばしばある。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。