So-net無料ブログ作成
検索選択

第1回たまには松田純について真剣に考えてみよう会議と恋愛ハンター [日記]

どのような手順で「やさしい女らしさ」(例えば優しさ、癒し、包容力など)を男性の心に伝える事ができるかが必ず必要な事であり、それで十分なのである。

自分をとても魅力的的に思ってもらおうとする感情を感じて男性は引き込まれる。

異性を愛する感情というものはいうなれば義理の鎖だけで何とか保たれているといえます。

現実はほとんどの人間の本性は悪と言う事なので、そんなか細い鎖は自分の性質ですぐでもたち切る事ができる。

男たちが普通に女性に希望するもの、堂々の第1位は 「優しさ」。

優しさの意味は「思いやり」と同じ意味。

よくあるアクションでは「譲る、誉める、喜ぶ」です。

これら3つの行動が肝心。

男の愛の中には口にする言葉よりも多くの大切な沈黙がある。

恋愛中の男性がその彼女に甘く語りかけるとき、恋人は話している言葉よりも沈黙に心が震えている事が多い。

意中の異性と同じところにいるとき、自分とよく似たしぐさをしているか確認してみては?同じところで一緒にいるとき、意中\xA1
の人が自然に自分と一緒の事をしたら両想いのサイン。



恋人づくりにおいてどうしても大切な点は何であるかと確認されたら、それには、勝負どころを捉える事と回答するに違いない。

第二も同じ、第三も迷う事なくそれだ。

恋人への愛情がなくなるとオキシトシンという長い名前の物質が体内でひそかに分泌され、その効果で体が硬くなる。

異性の手を握った際に今までと違って硬さを感じるようなら異性への愛情がなくなった証明かもしれない。

恋をしている人は落ち着いて考える思慮分別というものができないのが当然である。

反対からいえば、思慮分別なんが正確にできる状態のときは燃えるような恋をしていない心だという表れなのである。

恋愛とはどんなものかを考えると、人間が他人に対して生じさせる心を許しあって特別な関係を求める感情で、それに加えて、相手への特別な感情に基づいた様々な恋心に満ちた表情や動作を伴う事がしばしばある。

「犬好きで犬タイプ」は、はたから見てじっくり見なくとも恋愛の感情が大変分かりやすいそ\xA1
んな人です。

恋愛対象となる人ができちゃうと、あっ\xA1
というまに関係する人にピンと来られる事も。



言われてみれば現実的に冷静に考えればありえない絵空事かもしれない。

ところが、そんなふうになったらいいなとか、非現実的な希望だって知っていても本心から夢見るのが恋愛なんじゃないかな。

わがままばかり言われそうな「ギャル系のかっこうをした女性」は異性側から寄り付かれない人が少なくない。

「デートしてても、振り回されるばっかりで、ヘトヘトになる」想像があるわけだから。

自分の愛する感情を如才なくどうしても告白しなきゃとか、君の女性への感情を言葉で伝えなければなんて、固く考える必要などない。

自分の全身で表すのが愛の告白と言う事。

いいなと思っている人につぎ込んだり(金銭的だけでなく、心身的にとか時間的など)した分に比例して、一般的な人はつぎ込んだ相手を好きになる事がしばしばある。

そこで終わらず、好きになるしかなくなってしまうのだ。

悪童(悪たれ少年)理論はこういう事。

それは普段はやさしさに欠け、毎日自\xA1
分の恋人をがさつに扱っているのに、ごくまれにのぞかせるあたたかい心にバッドボーイの恋人はラブラブになってしまうと言う事なのだ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0